Windows 11 ラップトップを外部モニター、マウス、およびキーボードと一緒に使用する場合は、ふたを閉じたままにしておくとよい場合がよくあります。PC をスリープ状態にせずにカバーを閉じる方法を次に示します。

まず、キーボードで Windows+i を押して Windows の設定を開きます。または、スタートボタンを右クリックして「設定」を選択することもできます。

[設定] で、検索バーをクリックして「ふた」と入力し、その下に表示される [ふたを閉じる動作の変更] をクリックします。

[システム設定] ウィンドウが開きます (これは、Windows のレガシー セットアップ プログラムである[コントロール パネル]の一部です)。デバイスの電源ボタンまたはスリープ ボタンを押します。

下部近くに「ふたを閉めると」と表示されます。ラップトップが電源に接続されていない間 (およびバッテリ電源のみ) 起動したままにしたい場合は、[バッテリ使用] 列で [何もしない] を選択します。ラップトップが電源に接続されている間だけふたを閉じたままにする場合は、[接続] 列のドロップダウン メニューを使用して [何もしない] を選択します。

警告:ラップトップの電源を入れたまま、バッテリーで電源を使用しているときにふたを閉じたままにしておくと、気付かないうちにバッテリーが消耗してしまう可能性があるので注意してください。

必要な電力設定の [蓋を閉じたとき] ドロップダウン メニューで、[何もしない] を選択します。

その後、ウィンドウの下部にある「変更を保存」ボタンをクリックします。

これらの変更は、すべての電源プランに適用されます。準備ができたら、「システム設定」ウィンドウと「設定」ウィンドウを閉じます。テストするには、ラップトップを外部モニターに接続し、ふたを閉じます。ビデオがオンのままである場合は、適切に構成されていることがわかります。幸運を!

関連: Windows 11 PCをスリープ状態にしない方法