スペルを修正したMicrosoftEditor

Microsoft Editorは、Grammarlyやその他のサービスと同様に、AIを利用したMicrosoftのライティングアシスタントおよび文法チェッカーです。Wordなどの一部のMicrosoftアプリにはすでに統合されていますが、現在はすべてのOutlookアプリケーションに展開されています。

Microsoft Editorは、WordとOutlookのWebバージョン(Microsoft 365サブスクリプション付き)、およびWordforWindowsで既に利用可能でした。ChromeEdgeのブラウザ拡張機能もあり、Grammarlyの拡張機能と同様に、Webページのテキストボックスにエディタを追加します。現在、Windows、Mac、iOS、およびAndroid上のOutlookに拡張されています。

使用するOutlookアプリに関係なく、Microsoft Editorは、サポートされている言語でスペル、文法、および文体の提案を提供します。いずれにせよ、ロールアウトされると。デバイス独自の文法ツールが必要な場合は、アプリの設定でMicrosoftEditorをオフにすることができます。モバイルブラウザのOutlook.com、またはWindows10とWindows11のメールアプリではまだ利用できません。

OutlookforiPhone上のMicrosoftEditor
マイクロソフト

Microsoftによると、スペルチェックと基本的な文法チェックは無料のOutlook.comアカウントで機能しますが、より高度な機能にはアクティブなMicrosoft365サブスクリプションが必要です。高度な機能は、教育、ビジネス、およびエンタープライズアカウントでも有効になっているため、学校または会社の電子メールでOutlookを使用する場合は、(管理者がオフにしない限り)そこでも利用できるはずです。

Microsoftは、Webアプリに基づいたWindows用の完全に新しいOutlookアプリにも取り組んでいますが、MicrosoftEditorはまだ統合されていないようです。ただし、そのアプリはまだプレビュー中であり、より多くの重要な機能(オフラインサポートなど)が欠落しているため、それほど驚くことではありません。Microsoftはまた、より多くのエディタ機能がOutlookに登場すると述べているが、同社はタイムラインを提供していなかった。

出典:Microsoft