Windows10とWindows11にはどちらも、ロック画面で「WindowsSpotlight」の壁紙を使用するオプションがあります。これらの壁紙は毎日更新されます。現在、Windows11はSpotlightをデスクトップにももたらしています。

マイクロソフトは今週初めにWindows11の新しいアップデートの展開を開始しました。これには、壁紙を「Windowsスポットライト」として設定する機能が含まれています。このオプションを有効にすると([設定]>[パーソナライズ]>[背景]>[背景をパーソナライズ])、デスクトップの壁紙はMicrosoftが選択した新しい画像で毎日更新されます。

デスクトップのWindowsSpotlightは、ロック画面と同じヒントや広告を表示しませんが、右上にショートカットアイコンを追加して、現在の画像について学習します。代わりに、カスタム画像、単色、または画像のスライドショーを壁紙として使用することもできます。

Microsoftは、Windows用の「BingWallpaper」アプリもしばらくの間提供しており、デスクトップに同様の自動切り替え壁紙画像を追加します。SpotlightとBingは通常、実際の写真という同じテーマを持っていますが、実際の画像は、何らかの理由で各サービス間で同じになることはありません。

新しい機能は久しぶりです—Microsoftは2020年にデスクトップ用のWindowsSpotlightのテストを開始しました。しばらく時間がかかったかもしれませんが、ついに登場しました。

出典:Thurrott