Chromebookの概要画面。
Vantage_DS / Shutterstock.com

USB Type-Cは、それらすべてを支配する1つのコネクタですが、特定のケーブルがすべてのUSB機能を処理できるかどうかわからない場合は、問題になる可能性があります。ありがたいことに、Chromebookにはその問題に対する部分的な解決策があります。

Googleは本日、ブログ投稿で次のように発表しました。「多くのUSB-Cケーブルは同じように見えますが、機能が異なります。これで、余分なモニターをより少ない頭痛で稼働させることができます。対象となるChromebookは、使用しているUSB-Cケーブルがディスプレイをサポートしていない場合、またはノートパソコンで理想的なパフォーマンスを発揮していない場合に通知します。使用しているケーブルがChromebookでサポートされている高性能USB4/Thunderbolt3規格をサポートしていない場合にも通知が届きます。」

「ケーブルがディスプレイをサポートしていない可能性があります:USB-Cケーブルがディスプレイに正しく接続されていない可能性があります」
ChromeOS通知Google

ThunderboltとUSB4.0(Thunderbolt 4とほぼ同じ)をサポートするChromebookが一般的になりつつあるため、この新機能は確かに便利です。すべてのUSBType-Cケーブルは同じように見えますが、さまざまな速度でさまざまな規格(USB 2.0、USB 3.0、USB 3.1 Gen 1など)をサポートできます。最高のUSBType-Cケーブルは、通常、少なくともUSB 3.0と外部ディスプレイを処理できますが、より高いリフレッシュレートでより大きなディスプレイに電力を供給することになると、それは賭けになります。

USBケーブルアラートは、新しいChromeOS102アップデートの一部として展開されています。ただし、現在、USB4またはThunderboltをサポートする第11世代または第12世代のIntelCoreCPUを搭載したChromebookに限定されています。つまり、200ドルのChromebookには、これらのアラートは表示されない可能性があります。少なくともまだです。

出典:Google