Xboxコントローラーを備えたXboxコントローラーバー
マイクロソフト

Xboxコントローラーは、Windowsおよびほとんどのゲームでのプラグアンドプレイサポートのおかげで、最高のPCゲームコントローラーの一部です。Microsoftは現在、Windows 11で新しい「コントローラーバー」をテストしています。これは、エクスペリエンスをさらに向上させることを目的としています。

Windows 10と11には、Win + Gで開くか、XboxコントローラーのXboxボタンを押すことで開くことができるXboxゲームバーがあります(後者では、Windows設定アプリのチェックボックスをクリックする必要がある場合があります)。ゲームバーには、スクリーンショットや画面記録の作成、CPUとGPUの使用状況の確認、オーディオレベル/出力の変更などを行うためのクイックショートカットがあります。ただし、ゲームバーからゲームを開くことはできません。これは、実際のXboxコンソールでXboxボタンを押すことに慣れている人にとっては混乱を招く可能性があります(すべてのゲームのメインメニューに移動します)。

WindowsMicrosoftのXboxゲーム バー

Microsoftは、Windows 11でコントローラーバーと呼ばれる新機能をテストしています。コントローラーバーは、既存のゲームバー(Win + Gで引き続きアクセス可能)の代わりにXboxコントローラーのXboxボタンを押すと表示されます。ゲームをプレイしていないときは、バーに最近プレイしたゲームとゲームランチャーの水平方向のリストが表示されます。ゲームをプレイしているときにXboxボタンを押すと、通常のゲームバーが表示され、ゲームのリストが左側に折りたたまれています。

新しいコントローラーバーは、キーボードとマウスを使って毎回最初にゲームを開くのではなく、Xboxコントローラーを手に取ってすぐにゲームを始めようとしている人にとっては大きな改善のようです。ただし、現在のバージョンでは、最大3つのゲームと数個のランチャーしか表示されません。

マイクロソフト

コントローラーバーを試してみたい場合は、開発チャネルとベータチャネルから最新のWindows 11 Insider Previewビルド(ビルド225xx)を使用し、XboxInsiderHubからサインアップする必要があります。完全な手順は、以下のソースリンクにあります。おそらく、このバーはXboxコントローラーをエミュレートするゲームパッドでも機能しますが、Microsoftはブログ投稿でそれを確認していません。

出典:Windowsブログ