マイクロソフト

ソフトウェアとゲームの保存はますます重要なトピックであり、将来の世代がソフトウェアにアクセスできるようにするための最良の方法は、元のソースコードをリリースすることです。これは、1995年に最初にリリースされたMicrosoft 3DMovieMakerで起こったこととまったく同じです。

Microsoftは、 MS-DOS 1.0/2.0や元のWindowsFileManagerなど、過去数年間にいくつかの古いアプリケーションをオープンソース化してきましたが、現在、 Microsoft 3DMovieMakerのコードを公開していますこれは、ほとんどの人がWindows ME/XPの時代からおそらくよく知っているWindowsムービーメーカーではありません。これは子供向けの3Dアニメーションプログラムです。このアプリケーションを使用すると、アクション、音楽、テキスト、その他の効果と組み合わせて、3Dキャラクターやオブジェクトを事前にレンダリングされた環境に配置することで、誰でも映画を作成できます。

マイクロソフト

Microsoft 3Dムービーメーカーは、 Kid Pix 3D(私が成長していたときの家族のiMacの定番)やToontasticなど、子供向けの多くの後の3Dベースのレンダリングツールに似ています。マイクロソフトはまた、ニコロデオンと提携して、レンとスティンピー、ロッコーのモダンライフ、 Aaaahhなどショーのモデル、背景、エフェクトを含む 修正バージョンを販売しました。リアルモンスターズ

3Dムービーメーカーは30年近く前のものですが、新しいアニメーションを作成するために3Dムービーメーカーを使用している活発なコミュニティがまだあります。低解像度は、シュールなビデオや皮肉なビデオに非常に適しています。YouTubeや 3dmm.comなどのサイトには多くの例があります。

では、なぜマイクロソフトはソースコードをリリースするのにこれほど長い間待ったのでしょうか。自称「ハードウェア/ソフトウェアネクロマンサー」であるFooneTuringは、4月にTwitterでMicrosoftにコードのリリースを公に求めたときに、ボールを転がしました。この作業には、マイクロソフトの法務部門と開発者関係チームの調整が必要でしたが、最終的にはハッピーエンドになりました。

Microsoft 3Dムービーメーカーは、それ自体が文化的に重要ですが、 FXファイターカーマゲドンなどのゲームでも使用されているArgonautSoftwareによって開発されたグラフィックエンジンであるBRenderも使用しています。Fooneは、BRenderコードが含まれていると、他のゲームやアプリケーションもオープンソースになる可能性がある(または少なくとも新しいプラットフォームへの移植が容易になる可能性がある)と述べました。Argonaut Softwareは、スーパーファミコンのスターフォックスの開発者として、またほぼすべての3DSNESゲームで使用されていたスーパーFXグラフィックスアクセラレーションチップとしておそらく最もよく知られています。

Microsoftは、ソースコードをそのまま、ほとんど元の形式でリリースしました。一部の開発者の情報は、プライバシーを尊重するために削除され、「代替ビルドまたは製品」(おそらくNickelodeonバージョンを含む)の一部のコンテンツは含まれていません。ただし、BRenderはコードに含まれているため、そのフレームワークが初めて公開されます。当然のことながら、コードは最新のハードウェアやソフトウェアではコンパイルされません。GitHubは、コードの77%がSWIGで記述されており、残りはC ++、C、およびアセンブリ言語コードの組み合わせであると報告しています。

ソースコードのリリースに続いて、FooneはTwitterで次のように述べています。「BRenderエンジンを使用したゲームもありますが、BRenderに依存しているため、オープンソース化できないゲームもあります。さて、それは今オープンソースです!そのため、オープンソーシングの可能性も開かれます。いろいろな人や会社に聞いています。BRenderのオープンソーシングがそれを使用する他のゲームにもオープンソースになるのは素晴らしいことです。BUILDエンジンがオープンソースになると、DukeNukem3Dがオープンソースになるのと同じです。」

Fooneはまた、3Dムービーメーカーコードをベースにした少なくとも2つのプロジェクトを計画していると述べました。これは、元のルックアンドフィールを備えた最新のハードウェアとソフトウェアで動作するバージョンと、新機能を備えた「ムービーメーカープラス」です。開発者はPatreonKo-Fiでの寄付を受け付けているので、90年代半ばのアニメーションソフトウェアを追体験するのが待ちきれない場合は、それらを数ドル投げることを検討してください。

経由:Ars Technica