Chrome読書モード

Googleは、しばらくの間Chromeでリーダーモードをテストしてきました。これは、コアテキストの外側にページ要素を非表示にします。このオプションは、最新のChrome 101アップデートで不思議なことに消えましたが、戻ってきています。

Firefox、Safari、およびその他のWebブラウザーは、リーダーモードまたは簡略化されたビューを提供しますが、Chromeにはまだ公式には同じオプションがありません。Chromeの開発者はこの機能に取り組んでいます。この機能には、機能フラグを有効にすることによってのみアクセスできます。これは、ウェブ開発者やChromeの最新の変更をテストする人々が使用することを目的としたブラウザの多くの非表示オプションの1つです。

リーダーモードが有効になっているChrome
リーダーモードが有効になっているChrome

リーダーモードに必要なフラグは、最新のChromeアップデートバージョン101で消えたため、少なくとも数人が混乱しました。ありがたいことに、リーダーモードが削除されているようには見えません。Chromeフラグには有効期限が組み込まれています。有効期限は、特定の機能の準備ができていない(または削除する準備ができていない)場合にGoogleが延長します。Chrome 100ではリーダーモードのフラグが期限切れになるように設定されていたため、Chrome 101の展開が開始されると、この機能にアクセスできなくなりました。Googleは3月にフラグを少なくともChrome104に拡張しましたが、その変更は安定したv101リリースにはならないようです。

リーダーモードを使用していて、今すぐ元に戻したい場合は、追加の手順を1つだけ実行する必要があります。リーダーモードの有効化に関するガイドに従いますが、「リーダーモード」を検索する前に、「M100フラグを一時的に期限切れにしない」を検索し、最初に「有効」に設定します。それが完了し、要求されたときにChromeを再起動できるようにすると、フラグページでリーダーモードフラグが再び使用できるようになります。

「M100フラグを一時的に期限切れにしない」オプション

もう1つのオプションは、  Chrome Betaをインストールすることです。これは、現在Chrome 102にあり、追加の手順を必要とせずにリーダーモードフラグにアクセスできます。Chrome 102は、5月末に安定版ブランチで展開されます。Googleが機能フラグを有効にする必要なしにリーダーモードをすべての人にいつ展開するか、または展開するかどうかはまだ明らかではありません。