アップル

Appleは、デバイスがApple純正部品を使用して修理されたかどうか、または不適切な部品を使用して修理が行われたかどうかを確認できるiOS15.2の新機能で私たちを驚かせました中古のiPhoneを購入する場合、この機能は購入する価値があるかどうかを判断するのに役立ちます。

この機能は、Appleからの新しいサポートドキュメントMacRumors経由)で概説されています。「アップルの品質および性能基準に合わせて設計、テスト、製造された」部品を使用して電話が修理されたかどうかがわかります。

電話に基づいて確認できる修理の種類に関しては、いくつかの制限があります。iPhone XR、XS、XS Max、iPhone SE(第2世代)以降をお持ちの場合は、バッテリーが交換されているかどうかを確認できます。

iPhone 11、iPhone 12、およびiPhone 13モデルの場合、バッテリーまたはディスプレイが交換されているかどうかを確認できます。

そして最後に、iPhone12およびiPhone13モデルの場合、電話のバッテリー、ディスプレイ、またはカメラが交換されているかどうか、および部品が純正であるかどうかを確認できます。

部品を交換した場合は、電話機の[バージョン情報]タブに[iPhoneの部品とサービスの履歴]セクションが表示されます。修復が行われなかった場合、このセクションは表示されません。

電話機を純正のApple部品で修理した場合、交換した部品の横に「純正のApple部品」と表示されます。そうでない場合は、「不明な部分」が表示されます。これは、部品が純正品ではない部品と交換されたか、すでに別のiPhoneで使用またはインストールされているか、期待どおりに機能していないことを意味します。

関連: お使いの携帯電話のタッチスクリーンが破損していますか?これらの悪い修理のヒントを避けてください